tsumugi1.jpg

大石紬保存会

山梨県指定郷土伝統工芸品甲州大石紬織物

 

概要

大石紬は、富士山の麓・河口湖の北岸に位置する大石地区で江戸時代から続く「養蚕」「座繰り」「手織」の技術を用いて生産される絹織物で、現在では山梨県の郷土伝統工芸品に指定されています。大石紬保存会は、大石紬を守るべき価値ある文化財として捉え、養蚕サポートや勉強会、体験などを通して広く一般への認知や関与の間口を広げるとともに、道具の保守修繕などを行う事で大石紬の歴史、道具、技術を後世に残し伝えることを目的として活動を行います。

zaguri.jpg
 

活動内容

活動内容は随時更新されていきます。

yousan.jpg

勉強会

大石紬は長い歴史の中で様々な改良が加えられて現在の反物の形になりました。自然災害の被害を受けることが多く古い文献などはあまり残っていません。大石紬保存会では、現存する資料からこの土地の文化とともに大石紬の歴史を紐解き学んでいく為の勉強会を行います。

some.jpg

養蚕サポート

大石地区には現在養蚕農家はありません。しかしながら、伝統的な大石紬の生産工程のひとつである養蚕やその技術を守る為、町が支援して毎年春に養蚕を行なっています。大石紬保存会では人手のかかる養蚕のサポートを行ないます。

hata.jpg

ワークショップ

大石紬は養蚕で繭を作るところから手織りで反物にするまでに20以上(経糸と緯糸の生産を別けると30以上)にのぼる工程を経て織り上げられています。その工程の一部を実際に体験することで、技術を残すことの大切さを知っていただく為のワークショップを行います。

 

お知らせ

保存会会員募集を開始しました。

2021年4月1日

会員登録は外部サイト(Peatix)から行えます。会費のお支払い方法は、各種クレジット払い、またはコンビニ/ATM払いからお選びいただけます。

https://oishi-tsumugi.peatix.com

大石紬保存会を設立しました

2021年4月1日

大石紬保存会を設立します。保存会の活動趣旨にご賛同いただけますかたは、ぜひ保存会へご入会ください。

お問い合わせ
 
開催予定のイベントはありません
 
 

大石紬保存会へのお問い合わせ

山梨県南都留郡富士河口湖町大石(住所非公開)

電話:0555-28-4507

送信が完了しました。

mt.fuji.jpg